【2017年最新版】ダイナースクラブカードで得するポイントを徹底解説!

更新日:

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードは、日本で最初に発行されたクレジットカードであり、多彩な優待サービスと特典が魅力の高ステータスカードです。

ダイナースクラブカードの特徴的なポイントとしては利便性の高さが挙げられ、様々なシーンで安心して使える魅力があります。また、旅行や食事をはじめとした多彩な場面で活用できる優待サービスが用意されている為、ゴールドカード以上の恩恵を受けることが出来ます。

本記事では、ダイナースクラブカードのスペックや特長を中心に、ポイントを絞って運営チームが解説していきます。

ダイナースクラブカードが選ばれる理由

ダイナースクラブカードの保有には、年会費22,000円(税抜)が発生します。当サイトで取り扱っているクレジットカードを含め、一般的なクレジットカードは年会費が10,000円を超えるものは殆どなく、「高い」と感じる方も多いでしょう。この高額な年会費を支払ってでもダイナースクラブカードを持ちたいユーザーが世界中に存在するのには理由があります。

何故なら、ダイナースクラブカードは他のクレジットカードにはない様々な保障とサービスが付帯しているからであり、そこに年会費以上の価値を見出す方々から支持されているのです。

利用限度額の設定が無いクレジットカード

一般的にクレジットカードは利用限度額が設定されており、その範囲内で利用することになります。

ダイナースクラブカードでは「ご利用金額に一律の制限を設けていない」と公表しており、出費が重なる月や長期の出張の際にもゆとりをもって利用できるようになっています。

1年間のなかで、出費が重なることは誰にでも可能性としてありますが、その際でも不自由なく利用することが出来るのはダイナースの強みの一つです。

提携レストランでコース料理の優待サービス

ダイナースの食事優待サービス

ダイナース(Diners)は「食事をする人々」という意味を持ちます。食事をする人たちのクラブカードという語源の通り、ダイナースクラブカードは以下のサービスを提供しています。

全国300店舗以上のレストランでコース料理が1名無料に

2名以上で提携レストランのコース料理を注文いただくと、1名分の料金が無料になるサービスを全国300店舗以上で展開しています。

「まずは自分の店の味を試してもらいたい。」そんなオーナーやシェフの想いからはじまったサービスなので、当然ながら各店舗とも一押しのコースが提供されています。

対象のレストランは和食・洋食・中華の名店が揃っておりますので、ご家族や恋人、友人と過ごす素敵な時間を後押ししてくれることになるでしょう。

 提携レストランのグループ利用でコース料理が2名無料に

ダイナースはグループでの利用にも適しています。6名以上で提携レストランのコース料理を注文すると、2名分の料金が無料になります。

旅行も買い物も「安心」の充実したカード付帯保険

ダイナースの付帯保険

次に、ダイナースクラブカードに付帯する保険について説明します。その内容は高ステータスカードの名に相応しい保険・補償になりますので有事に備えるには最適でしょう。

国内でも海外でも安心旅行!最高1億円の旅行障害保険

ダイナースクラブカードには国内・海外を問わずに最高1億円の旅行傷害保険が付帯しています。その適用範囲も幅広く、傷害死亡・後遺障害・傷害治療・疾病治療・賠償・携行品損害と様々なケースをカバーすることが可能です。

更に、海外旅行に関しては「自動付帯」となっており、ダイナースで旅行代金の支払いをおこなっていなくても最高5,000万円まで適用の対象となる点もポイントです。

この範囲の広さ・最高金額の高さはプラチナカードクラスの内容となっているため、有事への「保険」としては当サイトで紹介しているカードの中でもトップクラスです!

ショッピング保険は年間500万円まで補償

購入した商品を90日以内に誤って破損してしまったり、盗難に遭った場合に年間500万円まで補償する「ショッピング・リカバリー」が付帯しています。

その金額の高さもさることながら、適用範囲は自身で使っている商品だけでなくプレゼントした商品まで対象になるため、贈り物への保険としてダイナースを利用するといった使い方ができます。

旅行にも便利で多様なサービス

ダイナースは旅行やエンターテイメントの場面でも多様なサービスを提供しています。特徴的な例をいくつか紹介していきます。

提携ホテルの利用が更にお得に

ダイナース提携ホテルの利用で客室グレードアップやスパ優待・お食事特典など様々なサービスが受けられます。

全国600箇所以上の空港ラウンジが無料に

国内・海外の600箇所以上におよぶ空港ラウンジを無料で利用することが可能です。

トラベルデスクの利用で旅行が更に快適に

旅行の手配・相談を受付るするダイナースクラブ会員専用のヘルプデスクが利用できます。

航空券やホテルの予約からパッケージツアーの案内まで、国内・海外を問わず対応してもらえます。

ダイナースのポイントプログラム

ポイントプログラムはダイナースカード共通のリワードプログラムがご利用いただけます。リワードプログラムは商品との交換、金券やカタログギフトとの交換、カード利用代金への充当といった使い道がありますが、特にオススメなのはマイルとの交換です。

商品との交換の場合、概ね還元率0.4%前後のレートでの交換となってしまいますが、マイルへの充当は100=1ポイント=1マイルのレートで交換できる為、ポイントの交換先としては最もお得になっています。

ただし、マイルへの交換の際には「ダイナースグローバルマイレージ」への参加が必要になりますので注意が必要です。こちらは年会費6,000円が別途発生しますので、交換するマイルを十分に貯めたうえで加入しましょう。また、マイルへの交換が終わったら退会することで交換をしない年度の年会費を抑えることも可能ですので覚えておきましょう。

ちなみに、貯まったポイントは有効期限の設定が無いため、永久不滅ポイントとして安心して貯められることもダイナースの魅力です。

注意点・デメリット

ダイナースのデメリットは、日本国内における提携店舗数です。一般的なホテル・ショップでは勿論利用することが出来ますが、小規模な旅館や個人経営店舗によってはダイナースで支払えない可能性があります。

その為、ダイナースクラブカードをメインカードとして利用しつつも、サブカードとして年会費無料のクレジットカードを持ち、国際ブランドはVISA/MASTERCARD/JCBから選択することをオススメします。

ダイナースクラブカードはこんな人におすすめ

メリット・デメリットをまとめ、ダイナースクラブカードが向いているのはこんな人です。

旅行や出張に行く機会が多い人

ダイナースで提供されるサービスは旅行や出張のシーンで役立つことが多く、付帯保険も充実していることから、遠出の機会が多い方に最適なカードです。

ショッピングの機会が多い人

利用限度額の設定が無いことや、年間500万円まで補償するショッピング保険は普段の買い物を更に便利にします。

グルメな人

食事をする人々のクラブカードであるダイナースは、国内300店以上の提携店舗の利用がお得になります。

-厳選クレジットカード
-,